花粉症には鼻炎薬と、紅ふうきは高いので、甜茶を飲んでます

花粉症は、薬とお茶で対策

マキさんの場合(女性 30代)

 

三十代に入って最初の春、突然花粉症を発症してしまいました。

 

初めてのことで最初は戸惑い、何の手立てもできないままその春を過ごしました。

 

目は痒く開いていられません。

 

常に鼻水が流れます。

 

鼻をかみすぎて、鼻と鼻の下が痛いぐらいになってしまいました。

 

さらに、熱っぽく気分も悪くなりました。

 

最悪の三ヶ月でした。

 

もうさすがに懲りたので、次の年からは万全の準備を整えて花粉症にのぞんでいます。

 

マスクは必須です。

 

花粉症眼鏡も買ったのですが、マスクと併用すると息で曇ってしまうので、あまり役には立ちませんでした。

 

鼻炎薬を必ず飲みます。

 

高い空気清浄器も導入、家ではフル稼働させます。

 

もともと、洗濯物は屋外に干さない習慣だったのでその点は大丈夫でした。

 

花粉症に苦しんでいることを友人に伝えたところ、紅ふうきというお茶を勧められました。

 

半信半疑ながら試してみたのですが、私の体質には合っていたようで効果は抜群でした。

 

ただこの紅ふうき、薬局で買えるのですが、非常に値段が高いです。

 

常に飲み続けることを考えた結果、やはり花粉症に効果があり。値段もずっと安い甜茶(てんちゃ)にしました。

 

紅ふうきよりは効果は薄いような気がしますが、それでも飲まないよりはマシです。

 

値段を気にせずガブガブ飲めるのがいいです。