花粉の季節には、洗濯物を外に干さないようにしています

花粉症対策は薬以外!洗濯物は外に干さない

かおるさんの場合(女性 40代)

 

20代前半に花粉症の症状が現れ始めました。

 

鼻水、くしゃみ、目のかゆみが主な症状です。毎年、3月の温かくなってくる時期頃から、5月の終わりぐらいまで症状は続きます。

 

毎回行っている花粉症対策としては、外出時には必ずマスクをするようにしています。

 

ただ、使っているマスクは、比較的安価に大量購入できるプリーツタイプのものを使用しているので、若干隙間から花粉が侵入することがあります。

 

そういった場合には、折りたたんだティッシュを鼻部分に挟み、より密着感を高めています。

 

また外出後には、玄関先で衣服に付着した花粉をはたくようにしています。

 

そして、必ずうがい手洗いを行い、目の洗浄も行っています。そうすることで、症状が軽くなる場合が多いです。

 

花粉が飛散する時期には布団は外へ干さないようにしています。

 

また、洗濯物はどうしても日差しに当てたいと思うことから、風が強く吹く日のみは室内で干しますが、それ以外は外へ干しています。

 

ですが、風が弱くても花粉ピーク時は、やはりどうしても花粉の付着が防げません。あまりに症状が酷い時には、ピーク時が過ぎるまで室内に干しています。

 

結婚を機に、山に囲まれた環境から、海沿いの山が少ない環境へ引っ越したことで、かなり花粉症の症状が治まりました。

 

可能であれば、引っ越すというのも花粉対策の一つの手かもしれません。